給湯器の給水トラブルは水道工事業者に相談

年間通じて給湯器を利用している家庭も多いでしょう。もしここで何らかのトラブルが発生した場合、お湯が出なくなり非常に不便です。原因はいろいろと考えられますが、給水バルブで問題が発生すると、さまざまな症状が出ることがあります。給湯器 修理を含めてどう対処すればいいか、正しい知識を持っておきましょう。

■色のついた水が出ていないか

通常お湯は無色透明のはずですが、時折赤茶けた水が出ることがあります。これは給水バルブの入り口のところがさびてしまい、さびがお湯に混ざることで変色してしまっているからです。
長年同じものを使い続けていると、劣化してこのような状況になりがちです。新しいバルブに交換すれば、問題が解決する可能性は高いです。もし放置しておくと、水の流れをせき止める機能がうまく働かなくなって、いずれ水漏れを起こすかもしれません。



■蛇口のお湯が止まらなくなった

給湯器のトラブルの中でも、蛇口をいくら閉めてもお湯が出が止まらないという案件が時折水道工事業者にもたらされます。これも外部の給湯器バルブで何らかの問題が発生している可能性が疑われます。中の部品が経年劣化によって摩耗を起こしているなどです。
この場合、新しい部品と交換すれば水漏れの症状も改善します。水道料金を余計に負担することにもつながりかねませんから、トラブルが起きていると認識した段階で、早く水道工事業者を呼んだほうがいいです。


■まとめ
普段何気なく使用している給湯器かもしれませんが、ほかの家電などと同様に、長い期間使っていると徐々に摩耗や劣化が進んでしまいます。その結果、故障や不具合などが発症します。給水バブルのところで問題が発生すると、濁った水が出てきたり、お湯のコントロールができなくなるなどの不具合が起こりがちです。気になる症状があれば、専門業者に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ